沢田ピヨの日日是好日

ひよこ豆の栽培や家庭菜園などを主に紹介する日記です

丸亀城(日本100名城:No.78)に行って来ました。🏯#20

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

前回に引き続き香川県は、丸亀城に行って来ました。

標高66mの亀山に築かれた丸亀城は、こんなに小さいのに見どころ満載です。👇

まずは【大手門】。(大手とはお城の正面の事を指します。)

手前 左は大手二の門、右側が大手一の門です。

まず、こちら、石橋を渡って、正面玄関となる大手二の門をくぐります。

一見 簡素に見えますが、国の重要文化財に指定されているだけあって、とても重厚な造りで、両脇の石垣に使われている石も、大きく立派です。😲

 

右手に曲がると大手一の門がそびえています。👇

大きな柱や梁でしっかり組まれていて貫禄十分ですね。

石垣も「切込ハギ」でしっかり造られています。😮

2階には太鼓が置いてあり、太鼓を叩いて周りに時刻を知らせていたらしいです。この事から、別名は❝太鼓門❞です。🕛

 

大手門から山上に向かいます。

すぐの山道は【見返り坂】と言い、傾斜がとても急です。斜度は約10度!

時々立ち止まって振り返りたくなることから、この名前がついたそうです。😆

サザンカの花が咲き、きれいでした。

新緑の頃は、楓の若葉、桜‥と続くらしいです。

 

この坂を登りきると、三の丸の【高石垣】が現れます。

丸亀城の石垣の高さは日本一を誇るらしいのですが、この高石垣の高さは

なんと20m以上あるらしいです。

実にあっぱれです。(゚д゚)!

 

本丸に来ました。

天守】は三重三階と小ぶりですが、少しでも大きく見えるよう、工夫されているようです。 屋根の1層目には、中央が膨らんだ弓なり状の「唐破風(からはふ)」、2層目の三角形の「千鳥破風(ちどりはふ)」が施されています。

中に入ってみると、一階は天井が高かったのですが、三階の最上部になると、かなり低く、狭い!床面積が小さいので、少し貧相な感じです。

窓から北側を見渡すと、すぐそこに瀬戸内海と丸亀港が迫っています。👇

城内を歩いていても、海に面した城の印象は抱けなかったので、少しびっくりしました。

本丸に上がるまでに高浜虚子の句碑が建っていました。

『稲むしろあり 飯の山あり 昔今』

歌人の目に留まった美しい風景が城下に広がります。

たまたまの偶然ですが、今朝の朝刊で、きょう2月22日は、虚子の誕生日だという事を知りました。📰

 

今日も100名城中、訪れた数20番目の丸亀城を見て頂きありがとうございます。

See you again!!(^^)!

高松城(日本100名城:No.77)に行って来ました。🏯#19

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

きょうは、四国は香川県の【高松城】に来ています。

高松城は、岡山県倉敷市から瀬戸大橋を渡り、車で東へ約50分の所にあります。

 

一昨年に放送された、NHKの❝ブラタモリ❞「高松~巨大な海城は町をどう発展させた?」を見て、ぜひ自分の目でも確かめたいと思っていました。

 

高松城の初代の城主は、豊臣秀吉に仕えた生駒親正(いこまちかまさ)です。

駐車場に車を止め、入った正門は、三の丸入口となる桜御門(さくらごもん)です。

昭和20年の米軍による高松空襲で焼失、一昨年、77年ぶりに復元されました。

幅12m、高さ9mと堂々とした構えです。

 

高松城は、日本三大海城(うみじろ)の一つです。

瀬戸内海とつながり、潮の干潮に合わせて、海水を引き込んでいます。

正面に見えるのは水門で、水位はここで調節されています。👇

堀は海水のため、タイやチヌがたくさん泳いでいて、エサやり場も数か所あるほどです。高松城が海城であることが、改めて実感できます。🌊

本丸にやって来ました。天守のみが残っています。

石段を登ります。蹴り上げの高さが不揃いで登りにくいですが、ここは、手すりが付いているので助かります。😄

天守は、3重5階で四国最大の規模を誇っていたらしいですが、老朽化を理由に明治17年に取り壊されたそうです。なんと残念なことでしょう💦💦

最上段に上がって来ました。 礎石があるので、地下があったようですね。「田」の字に並べられた礎石と4か所の柱跡があります。👇

天守台からの眺めは良く、ここまで来るのに通ってきた鞘橋(さやばし)が見えます

本丸と二の丸を結んでいる唯一の連絡橋です。

 

城を出て、海側へ石垣に沿って進むと、正面左から月見櫓、水手御門(みずてごもん)、渡櫓が見え、3棟とも重要文化財になっているそうです。👇

月見櫓は、瀬戸内海がよく見えるので、出入りする船や、海上から敵が来てないか監視できます。海上防衛は完璧!ってところでしょうか?

 

水手御門は海に向かって開いた門で、藩主はここで小舟に乗船し、沖で御座船に乗換えて参勤交代等に出かけたとの事。殿様が帰ってきたら、この桟橋を開けて、お出迎えしたのでしょうか?   

ロマンあふれる高松城の旅でした。


きょうも、ピヨのブログを見て頂き、ありがとうございます。

See you again!🤗

牡蠣を食べに、御津(みつ)町に来ました。🚙💨

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

きょうは、たつの市にある「道の駅みつ シーサイドレストラン魚菜屋」に来ています。

ここでは、地元の野菜や、すぐそばの室津漁港から水揚げされた魚が買えるので、多くの人でいっぱいです。

私の目当ては、❝牡蠣(カキ)❞です。

ここでは、数々の牡蠣料理が食べれるので、年に一度、車で一時間半かけて来ます。😆

 

平日を選んで来たかいがあり、並ばずにレストランに入れました。

私が注文したメニューは、❝牡蠣スペシャル❞です。🌟

その中で、鍋物は[カキ土手鍋]か[カキ豆乳鍋]を選択できます。👇

両方の鍋を味見しましたが、欲張りしてどちらも食べたいほど、とてもとても美味しいです。これだけでも来た甲斐があるよな~‥体がじんわり温まります。

鍋の隣がお造り3種盛り、カキフライ、蒸しカキ、茶わん蒸し、そして、カキの前菜にデザート。私にとって最高の贅沢です。

 

そして、最後に出てきたのが、カキ釜飯と魚汁。👇

汁には穴子が入っていて、また、この味噌汁の美味しいこと!

口に入れた瞬間、海の香りと共に、体中が喜ぶお味?👈(⌒▽⌒)👉

カキの身がどれもこれも大きくてプリプリで、この旨みをどう表現していいのか

“海のミルク”大好き!

 

窓の外は、瀬戸内海を見下ろす絶好のロケーションです。

外洋からのうねりをあまり受けないせいか、風も波も穏やかです。

水面には、越冬のために渡来した何百もの冬鳥の群れが見えます。

来年もここに来たいです。

きょうも読んでいただきありがとうございます。

See you again!🤗

 

寒餅を作りました。👩‍🍳

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

一番寒いとされる小寒から大寒の間に作る餅のことを「寒餅(かんもち)」と言います。

この時期に作った餅は長持ちし、食べると一年粘り強く健やかに暮らせる、とも言われています。 

今日は、正月のお節で残った「くるみ」を使い、寒餅を作りたいと思います。

 Let's cooking!👩‍🍳

餅つき機を出して、用意するものは、

もち米1.2㎏とクルミ100g、塩大さじ1と1/2 です。👇

まず、6時間 浸水したもち米を、うすに入れて、 30分ほど蒸します。

蒸しあがったら、塩を加えて、もち米をついていきます。👇

もち米がつぶれて粘りが出てきたら、粗く、刻んだクルミを少しずつ入れ、一気につき上げます。👇

くるみが餅に練り込まれたので、もちとり粉を敷いたバットに、餅を落とします

ついた直後は、まだやわらかいので、このまま置いておきます。

1~2日して、少し固くなったところで、食べやすい大きさに切ります。🔪

たくさん手作りのおやつが出来ました!🤤

さっそく、私はストーブの前に陣取り、膨れ上がるのを見ながら、焼きたてアツアツをいただきます。

はい、塩味が利いて、モッチリと美味しいです。👌

「餅は太る」と言われますが、くるみと、これに緑茶があれば、脂肪が体内に蓄積されにくいので、カロリー的には、良いかもしれません。

ただし、食べ過ぎは要注意ですね。

今年も‥いえいえ、今年こそは、腹八分目を目途にしたいものです。😋

 

きょうも、ピヨのブログを開けていただきありがとうございます。

See you again!(^_-)-☆

新年、お節を作りました。🍱

 みなさん、明けましておめでとうございます。沢田ピヨです。

正月3が日用に、お節を作りました。

今年は、いつものお節に少しアレンジを加えました。ご覧下さいませ。👇

お節には、具材の意味や詰め方にもルールがあるようですが、私がお正月に食べたいものばかりを集めてしまいました。💧( ̄∇ ̄;)

まず、右上のオードブルです。👆

左から「酢豚❝風❞」「5色なます」「田作り」を作りました。👇

 

酢豚”風”では、豚肉の代わりに、鰤(ブリ)を揚げています。酢ブリです。😁

5色なますの5種は、大根、🥕、きくらげ、ユズ、そしてタコの足です。

簡単ですが、毎年 好評で、最初に空になります。🤤

その右は田作りで、”食べる小魚”とくるみ、そして白ゴマが入っています。

クルミと小魚をフライパンで空煎りしているので、香ばしくてポリポリと美味しいです。

 

3段のお重では、「煮しめ」と「栗きんとん」が手作りです。👇

お節の❝定番❞ 煮しめは、煮汁が残らない程に、ゴボウ、こんにゃく、シイタケなどをじっくり時間をかけて煮ています。

栗きんとんは、さつま芋を茹でる時にくちなしの実を入れたので、きれいな黄色に仕上がりました。👌

 

小さなオードブルでは、今年の目玉(紅白風の)煮豆のご紹介です。👇

私は、おまめさんが大好きです。
いつもなら、ここに黒豆を入れるのですが、年末のスーパーで「花豆」を見つけました。👇

なにか美味しそうな予感🤩。土鍋で炊いてみました。すると、

白花豆は、モッチリした食感で、豆のやさしい甘みがあります。

回転焼❞に入っている白あんのような美味しさです。

紫花豆は、大きくて食べ応えがあり、コクのある、しっかりした味です。

今回、炊いて良かった!私のお気に入りに登録です。👌

 

今年も、私の普段の日常を、ブログに書きたいと思っています。

つたない文章ですが、お時間ある時に読んでいただけると嬉しいです。

きょうも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

See you again!🐣

名古屋城(日本100名城:No.44)に行って来ました。🏯#18

  みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

前回の犬山城に続いて、同じ愛知県で名古屋城🏯を訪ねました。

 

名古屋城は、関ヶ原の戦いに勝った徳川家康が、豊臣家への備えとして築城しました。👇

この5層5階の堂々とした構えに、しばしウットリです。

徳川の威信をかけての城は、純金の鯱(シャチホコ)を頂く天主で有名で、権力や財力の大きさが見て取れます。

その他、見どころは多く、どこから見ましょう🧐。

豪華絢爛たる本丸御殿、次に清正石(きよまさいし)、そして隅櫓(すみやぐら)を回ります。

 

まず、本丸御殿に入ります。天守とともに国宝に指定されています。✨

なんと立派な玄関でしょう!

中は、狩野派の絵師による障壁画が数多く飾られています。

襖絵、襖の引き手、天井には板絵、そして極彩色の欄間‥柱1本、床板、障子の桟に至るまで美しいです。

江戸時代の先端技術を注いだ最高傑作、と称えられています。

名古屋城の入場料は大人500円ですが、これで本丸御殿も追加料金なく入れるのでお得です。😆

 

次に見たいのは、清正石です。

名古屋城は、石垣も素晴らしく、その距離は城全体で8.2㎞に及びます。

大名20人ほどが関わったらしいですが、その中でも、大活躍したのが「加藤清正」です。城内に、最大の巨石があります。👇

この石が、まさに「清正石」=清正が運んだ石なんだそうです。

ちなみに、石の大きさは8畳敷、重さ約10トンですって(◎_◎;)

これは清正公 石曳きの銅像です。👇

単に石の上で踊っているようにも見えますが、石を曳いている(引いている)人たちを鼓舞するようなカタチなのだそうです。そう見るとカッコイイですね。

昔の、城郭を建てるとは、このようにやっていたのだなあ‥と想像します。

 

最後に挙げるのは、隅櫓です。

手前が西南隅櫓、ずっと奥に小さく写っているのがが東南隅櫓です。

国の重要文化財に指定されています。

大きな櫓で、2階には「石落とし」もあり、防御施設として役割は十分です。

 

愛知県は、信長、秀吉、家康などの戦国武将が数多く生まれました。

愛知の人は「派手好き」な一方、「倹約家」とも言われますが、名古屋城の金の鯱など、さかのぼること江戸時代の気質が要因なのかなと思います。😀


今年も、❝沢田ピヨの日日是好日❞をたくさん読んでいただき、ありがとうございました。来年も、読んでいただけたら嬉しいです。

皆様にとって、笑顔あふれる良い年でありますようお祈りいたします。

See you next   year!🐣

犬山城(日本100名城:No.43)に行って来ました。🏯#17

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

きょうは日本古城の一つ、愛知県の【犬山城】に行って来ました。🚄

城に至る通りが城下町になっていて、両側に土産物や飲食店が並んでいます。

観光客が多く活気がある中、正面に犬山城が見えてきました。👇

日本に現存する天守12の内の1つで、その中でも一番古いです。

国宝にも指定されています。👍

 

犬山城は、織田信長の叔父・信康が築城しましたが、信長、秀吉、家康がそれぞれの時代にこの城を手にし、戦国合戦の舞台となりました。

歴史の荒波に耐え、生き残った古城です。✨

 

城門をくぐります。

その先には、小ぶりながらも、堂々とした犬山城の雄姿!。

3層4階(屋根を数えるのが層、床を数えるのが階)で、最上階は廻り縁(まわりえん)があるらしく、人が歩いています。

ベランダのように外に出られる廻り縁があるのは、珍しいですね。

さて、中に入ってみましょう。

犬山城には地下があって、しかも地下2階建てです。😮

地下の内部です。👆  石垣は野面積みで、しっかり天守を支えています。

柱と柱の間に、斜めに入れる筋交い(すじかい)を見るのは初めてで、

工夫がきちんとされている印象です。地下を出ます。

 

城内は、古木材の温もり、歩くとミシミシと鳴る音、床の隙間‥などなど

五感を楽しみながら、1階、2階へと急な階段を上がって行きます。

 

亀の甲羅の上に「魔除け」の力を持つという、桃が載った瓦を見つけました。

👇🐢🍑

天守最上階に上がって来ました。

眼下に見えるのは木曽川で、中央奥は、雪をかぶった御嶽山(おんたけさん)。

城は、扇状地である濃尾平野の扇の要にあり、眺めは、まさに絶景です。✨

タレントで城好きの田村敦さんが、日本のお勧めの城3選に、犬山城を選ばれていました。私が思うに、このすばらしい眺めが、理由の1つではないかと思うのです。📸✨

廻り縁をぐるりと1周し、360度の景色は、本当に素敵です。

ぜひ、もう一度来てみたいと思います。

帰りに見た紅葉です。👇

紅葉と木漏れ日も素敵でした。🍁

きょうも最後まで見ていただきありがとうございます。

See you again!(^_-)-☆