沢田ピヨの日日是好日

ひよこ豆の栽培や家庭菜園などを主に紹介する日記です

柚子(ゆず)ジャムを作りました。🍊

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

お隣さんから、たくさんの柚子を頂きました。

ゆずは、上品な香りが魅力です。
吸い物や薬味でよく使われ、大根や湯豆腐にも合います。

私は、この大量のゆずで、ゆずジャムを作ってゆず茶、お餅にのせてゆず餅にして戴きたいと思います。  

ゆずの皮には苦みがありますが、ネットで調べると、

❝うすい塩水に浸ければ苦みが取れる!❞との事。

今回は、この方法で、できるだけ楽に作ってみたいと思います。

Let's  cooking!  👩‍🍳

 

材料は、ゆずの総量が1.2Kgなので、[塩 大さじ1、グラニュー糖 600g]です。

作り方は、

①ゆずを洗い、半分に切り、汁を絞り、種と果肉袋を皮から取り除く。

 (果汁は300㏄取れました。果肉袋はスプーンを使うとキレイに剥がれます。)

 果肉袋と種は、半分、お茶っぱ袋に入れておく。

②ゆずの皮は薄切りにし、水1.5Lに塩大さじ1を加えた薄い塩水に1時間ほど浸ける。次に、流水で洗い流し、30分、水に浸ける。

(これでアクが取れます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

③鍋に、柚子の皮、果汁、お茶っぱ袋、ひたひたにかぶるだけの水を入れて、皮が指で潰せるようになるまで柔らかく煮る。

 (私は土鍋を使います。)

④袋を取り出し、砂糖を2回に分けて入れる。袋の中のペクチンの成分のお陰で、冷めるとトロミが出てきて、ねっとりしてくる。出来上がりです😄👇

お湯を注いでゆず茶の出来上がりです。

 ≪あ~~言葉にできない程のこの美味しさ≫ 🍵😌

手間暇はかかりますが、手作りの味は格別!

ゆずは、冬の保存食の主役と言っても良いくらいです。👌

ゆずの木は成長が遅く、種から育て、結実するまでに、長い年月がかかると言われています。諺では「桃栗3年柿8年、ゆずの大馬鹿18年」ですって。

我が家のゆずの木も、背丈を超えているのに、まだ一つも生りません。

22日の 冬至の❝ゆず湯❞に入るのを心待ちにして、かれこれ30年が経とうとしています。💧🥲

 

きょうも最後まで見ていただきありがとうございます。

See you again!(*^-^*)

リメイクしました。✨

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

年末も押し迫ってきて、どうにかしたい物があると、家の掃除の延長?もったいない精神?ただの遊び心?

自分のやりたいように、リメイクしています。

 

まず、倉庫の中で、長年にわたりホコリをかぶった❝甕(カメ)❞です。

昔は、漬け物を漬けていましたが、今では全く使っていません。

何か活用できないかと考えた結果、上と下をひっくり返し、花台にする事にしました。👇😀

そのままにしても味気ないので、ペンキで絵を描きました。

わかるかな?トトロちゃんです。なるべく簡単が良いので‥🤗

 

次に、食堂の椅子です。👇

このイスのカバーが色あせてきて、どうにかしたいなと常々 思っていました。

よく使うものなので、家具屋さんに張り替えをしてもらおうかなと思いましたが、1脚数万円かかります。4脚だと10万円程かかり、買う方が安くなります。

結局、もったいない精神が働き、自分で家にある布で張り替えることにしました。

実はこの赤いカバーも、自分で張ったものなのです。

工具用のホッチキスでパッチンパッチン‥とね🤭

でも、きれいに張れるなら良いのですが、背もたれの部分が曲線で、なかなか難しい‼

新しく張り替えたのがこちら👇

やはり、背もたれの部分が、シワができちゃいました。💧

しかも、布が足らず、1脚は違う色に💧

職人さんのようにはいきません✍️(◔◡◔)╮

でも、明るい色に変わり、新調したみたいで満足です。👍

結局は、自分が満足すれば、それはそれで良いのかなと思ったり。🤗

きょうも、最後までお付き合い下さり、ありがとうございます。

See you again!!(^^)!

安土城(日本100名城:No.51)に行って来ました。🏯#16

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

前回の彦根城に続き、今回は日本100名城安土城】(滋賀県)に行って来ました。

駐車場は無料で、安土オリジナルのちょんまげ姿の飛び出し坊や ❝とび太くん❞ がお出迎えです。

ちょんまげなのに、服装はずいぶんと現代風で、ラフな格好ですね。

胸には❝AZUCHI  CITY❞と書かれていて、安土町商工会作成のようです。

 

織田信長が約3年の歳月をかけて完成した安土城ですが、現在は石垣が残っているだけです。

安土城は、びわ湖湖畔の安土山一帯にあり、安土桃山時代の由来となった信長の本拠地です。石垣の奥の山頂に、どっしりとそびえ立っていたのでしょうか。

 

入り口を目指します。🚶‍♀️

正面は大手道 登り口で、天守や本丸に至る重要な道です。

受付の門では、目の前の、山上へ伸びる石段に圧倒されました。

上から降りてこられた方によると、道中は、ほぼ観光地化されておらず、天守へと続く急な石段と山道は、とても険しくて、しんどいとの事。

頂上の天守跡地まで登りたいと思って来ましたが、私の足では少し厳しいようなので、登る事はやめました。諦めは早い💧🐥

 

織田信長が精魂を費やして作り上げた安土城ですが、本能寺の変で信長が亡くなった13日後に焼失しました。なぜ燃えたのかは今なお謎のままです。

近くに、【安土城郭資料館】があり、安土城の模型があるらしいので、安土城の事をもっと知りたいと思い、訪ねました。👇

安土城は、金箔瓦をいただき、外観は五重の天守、内部は狩野永徳の襖絵などで、豪壮華麗な城だった≫

≪日本で最初に本格的な天主を持った城で、近世城郭の原点となった≫

≪日本最高の技術と芸術の粋を集大成して造られた≫ あ~素晴らしい!

できるなら実際に見てみたかったな。

 

安土城の復元図です。👇

安土城の壮大で華麗な天主を見ると、身震いするほどの思いがこみ上げてきます。

何しろ、室町幕府を打倒し、天下統一を目指した織田信長の夢が詰まった城なのですから。歴史ロマンあふれる安土城でした。

きょうも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

See you again!(*^_^*)

彦根城(日本100名城:No.50)に行って来ました。🏯#15

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

国宝にも指定されている滋賀県の【彦根城】に行って来ました。

彦根城の一番の魅力は❝天守の美しさ❞、これに尽きると思います。👇

屋根の三角の部分を破風(はふ)と言いますが、破風の数は4面でなんと18個!

てっぺんの、入母屋造りの大屋根入母屋破風(いりおもやはふ)、

中ほどの、丸みをおびた唐破風(からはふ)、

そして、屋根の三角形を出っ張らせた切妻破風(きりづまはふ)

と、破風を駆使しています。

また、唐破風の下には、金箔の飾りが付いたり、さらに2階と3階には、曲線が美しい花頭窓(かとうまど)を使い、変化に富んだ美しい姿です。✨

見る角度を変えても、この通り益々、カッコイイです。👇

👇は、天守を支える石垣で、積み方は牛蒡積み(ごぼうづみ)です。

一見、隙間だらけで弱そうに見えますが、表面に出ている石の幅に比べ、中側に向いた奥行きがとても長く、地震にも強い堅固なものだそうです。

 

お城の中に入ってみます。

お城自体が小ぶりな故に、階段は急で、とても険しい!

手すりにつかまりながら、やっと一番上に上がって来ました。上からの景色です。

彦根の街と、遠くにびわ湖が見渡せます。

建物は、高いビルも無ければ、奇抜な色の看板もありません。景観も美しい‼

 

天守の他、櫓4つも立派です。

その内の一つ、天秤のような形をした天秤櫓(てんびんやぐら)です。

左右対称で、横に長いです。

鉄砲や矢で、敵を同時に攻撃するための窓が付いています。

中央の門に通じる、手前の橋の下は、こうなっています。👇

目の前の廊下橋は、戦時には橋を落とし、敵が入ってくるのを防ぎます。

さらに、

天守がある本丸表口を固める櫓門がこちら👇太鼓門櫓(たいこもんやぐら)です。

城内合図の太鼓を置いたところから名前が付いていて、

彦根城本丸を守る重要な城門です👌。

🚶‍♀️🚶‍♂️

奥に見える石垣は、この城屈指の高さを誇ります。

彦根城は、天守を始め、櫓、高石垣、堀‥と城全体がとても沢山残っていて、来て良かったです!しかしながら、

城探検に夢中で、マスコットキャラクター「」が毎日時間を決めて出現してくれているのに、会えませんでした。😵

あ~~残念💧

きょうも最後まで見ていただきありがとうございます。

See you again!!(^^)!

滋賀県に行って来ました。🚗💨

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

秋晴れのポカポカ陽気の中、滋賀県に行って来ました。

ガイドブックで名所を調べ、又、日本100名城も二ヶ所、行って来ました。

どうぞ見て下さいね。🤗

 

まず、一度は行ってみたかったタヌキの置物で有名な【信楽(しがらき)町】です

タヌキやフクロウ、カエルやカメの置物、又、食器や傘立て等々‥

たくさんのお店に、所狭しと並んでいます。

信楽焼のタヌキは、幸運を運ぶ縁起物という事で有名です。

この中で一つ購入し、帰ってから早速 家の玄関前に置きました。👇

愛嬌たっぷりの子でしょう?

縁起物の云われとしてタヌキの、

は、災難除け。   ・は周りに気を配り、正しい物事を見る。

はいつも笑顔。   ・徳利は飲食に困らない。

金袋はお金に困らない。・は決断力と大胆さを持つ。  

通帳は信用第一。   ・尻尾は、終わりは大きく太く。

今日、こうして我が家に来てくれたこの子は、家族の一員です。🤗

 

次に向かったのは、【かわらミュージアム】です。

通路や建物のあちこちに瓦が使われています。

中に入ってみると、瓦職人さんが作る瓦人形などが展示されていて、販売もありました。

私は、手作りの物に惹かれます。一つ購入しました。鬼面です👇

鬼面は玄関など人の出入りする所に飾ると、災いを避けられるとの事。

魔除けに、いちばん怖い顔の👹を選びました。😝

 

次は【滋賀県護国神社】です。花手水が見たくて、来ました。

華道家が生けるというこの花手水は、月1~2回のペースで変わるらしいです。

さすがに感性が冴えわたり、素敵ですね。

護国神社は、県内出身の戦没者の英霊を祀る神社です。

時間帯が遅かったので参拝者はわずかです。😣

 ==今日の予定は、終了です==

さて、日は変わり翌日のホテルの朝食は、バイキングです。

いつもながら、たくさん取って来ました。

近江八幡の特産品があります。

左端の[近江牛カレー]、真ん中くらいに びわ湖産の[モロコの佃煮]、

その隣の三角の[赤コンニャク]等です。

赤コンニャクは、三二酸化鉄という鉄分で染められているので、健康的にも優れた食品とか‥👌  

朝から近江牛🍛を食べ、2日目も元気で出発です。次回も見て下さいね。🚶‍♀️🚶‍♂️

 

きょうも見ていただき、ありがとうございます。

See you again!ヽ(^。^)ノ

布団をリフォームしました。✨

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

40年前に揃えた、ぎっしりと重い綿100%の掛布団と、ごろ寝の布団‥

今後、使う予定はないので、思い切ってリフォームすることにしました。✨

 

“いつか使うかもしれない” “捨てるのが勿体ない”と言って、長い間、押し入れを占領していました。👇

断捨離の心が働き、最初はこの布団を捨てようとしましたが、中を開けて見てみると、きれいな綿が入っているのです。

それを見て、捨てるのはやめ、この綿を『布団屋さんで打ち直してもらい、他の寝具に作り替える』事にしました。

ちょうどこの夏、肌掛け布団が古くなり、来年は新しく買い替えようと思っていたので、一枚は肌掛け布団を新調したいです。😊

 

家の近くに、創業78年 の布団の会社があるので相談に伺います。🚗💨

持参した布団の綿を元に、作れる寝具は、予想以上に多いことを知りました。😯

 

できあがりまでの3週間は、楽しみ以外の何物でもありません。

さて、受け取った新しい寝具はこれら3種!

まずは、欲しかった夏の肌掛けふとんが2枚です。👇

夏布団は、ほとんどかぶらないので、サイズは子供用で、そして、柄は私の好きな花柄でお願いしていました。

シーツも、それぞれに付けてもらいました。一枚、シーツをかけてみましょう。

肌触りは、フワッフワで、とても軽いです。👌

綿ふとんは、睡眠中にかいた汗や湿気を吸い取る効果があるとの事。

年々増加傾向の寝苦しい夜も、快適な睡眠をとることができるのか⁉

期待したいところです。😄

 

2つ目は、ラグ(敷き物)です。👇

あと1か月もすれば、ホットカーペットと併用して、さっそく居間に敷く予定。

厚みがあり、縫製がとても丁寧です。

この上でゴロンすれば、たちまち深い眠りに落ちそうな暖かさです。👌

 

最後に選択したのは、応接間のソファーに敷く長ざぶとんです。

以前は何も敷いていませんでした。👇

今回、作ってもらったのがこちら👇落ち着いたリーフ柄です。

1針1針、職人さんによる仕立てです。

心地よい感触が伝わり、お客さんとの会話も弾みそうです。👄👄

 

今回の寝具のお値段は、約5万円でした。品質の高さを考えれば、大満足です。

『物を大切にする心』も、叶えられました。🤗
きょうも最後まで見ていただきありがとうございます。

See you again!(*^。^*)

秋の風物詩を撮りました。📸✨

 みなさん、こんにちは。沢田ピヨです。

あまりにも暑すぎたこの夏🥵‥やっと心地よい風が流れてきました。🍃

季節は、私の好きな❝秋❞。

家の周りで見つけた小さな秋を撮ったので、見て下さいね。

 

家の前の田んぼで稲刈りです。🌾

 コンバインでは、前側のバリカンのような刃で稲を刈り、後部分で脱穀(稲の穂から籾(もみ)を外す)します。

中に貯まった籾がいっぱいになると、長い筒からトラックに積み替え、JAのカントリーに運びます🚚💨。👇

5月の田植えからあっという間の実りの秋で、新米のご飯が待ち遠しいです🍚。

 

コンバインの運転手(オペレーター)さんには、上手に刈って頂きました。🤗

刈り取りが始まると、どこからともなくシラサギが集まって来ます。👇

獲物がいることをよく知っていて、稲の中にいたカエルやバッタを食べに来るのです。

 

秋の味覚と言えば、サツマ芋です。畑で育てた10株を掘ってみました。

今年は酷暑と少雨で、収穫は少ないかなと思いましたが、いつも通り豊作です。

スーパーでは、一年中、出回っていますが、旬のものは美味しさが格別です😋

今からこれを使って、サイコロ大学いもを作ります。👇

フライパンにサラダ油大さじ3、砂糖大さじ3、サイコロに切ったさつま芋 大きめ1本分 全てを入れ、ふたをして弱中火で柔らかくなるまで加熱する。強火にして表面がカリっとするまでゆすりながら加熱。1つのフライパンで作れる超簡単な大学いもです。🙆

 

 次に、今年初めて作ったイチジクジャム。

これがまた、予想以上においしく、うなるような出来栄え!

作り方は、これも簡単です。

イチジク正味300gに、グラニュー糖を80g、レモン汁 大さじ3杯を中火で熱し、焦がさないように2/3量まで煮詰める。以上です。😆

レモンが入るので、色が鮮やかで、酸味が利いています。

ヨーグルトにのせて食べましたが、とても美味!

明日はパンに塗って食べてみよう。たぶん美味!🍞😆

 

この連休は、私の町ではお祭りでした。自治会から各家に、

獅子舞いが回って来て、五穀豊穣、家内安全を祈願し、お祓いをしてくれます。

子供会の皆さんも、子供神輿を引きながら自治会内を練り歩きます。

自然、行楽、味覚‥移りゆく秋を存分に楽しみたいです。🎑🎃🍎🌰🍁

 

きょうも、ピヨのブログを開けていただき、ありがとうございます。

See you again!👺